管理層紹介

会長

江朝瑞

江朝瑞は2003年に宸鴻光電を創立して透明ガラス投射型静電容量タッチ技術開発を指導し、2007年、正式に量産に踏み切りました。江朝瑞は投射型静電容量の直覚式マルチタッチによりマンマシンインターフェースに革命をおこし、消費性電子製品をより身近なものへとしました。今後、江朝瑞は社内のチームを積極的に引率して各種透明投射型静電容量タッチパネルのソリューションを研究開発し、タッチパネルを各電子製品へと普及させていくことでしょう。

江朝瑞は宸鴻光電を創立する前に台湾緑覇㈱を設立し、ビデオレコーダーとモニター市場に従事していましたが、1997年台湾緑覇の成功モデルを率いて、一般的なモニターメーカーを抵抗膜方式及び表面型静電容量タッチパネルの専門サプライヤーへと発展させ、タッチパネル産業に新たなページを切り開きました。江朝瑞は輔仁大学企業管理学科を卒業しています。

CEO

鍾依華

鍾依華氏は2014年にグループCEOとしてTPKに入社し、引き続き業界をリードするタッチ技術を用いて、優れた生産管理を達成し、効率よくコストコントロールをする。鍾依華氏は企業経営および効率向上に豊かな経験を有し、弊社の競争優位性をさらに強化しながら、成長を導き、託された任務を達し、TPKに新動力を注ぐ。

TPKに入社前、達勝創投公司總經理、および鴻海社デジタル製品事業群(iDPBG)総経理、鴻海社において米国、シンガポール、中国拠点で15年間を建研氏、優れた生産管理および業務開拓の経験を持つ。台湾清華大学電機工程学部卒。